健康について

動脈硬化の原因とリスクを下げる方法


動脈硬化の診断のために行われる検査方法はいくつかあって、危険因子の有無を調べる方法が先に行われ、その後詳しく検査を行う医療機関もあります。


危険因子とは脂質異常症があるかどうかや、高血圧、糖尿病、高尿酸値血症などになっていないか調べ、症状がある場合は動脈硬化を発症しやすくなります。脂質異常症で善玉コレステロールと悪玉コレステロールさらには中性脂肪が異常値であると、血管壁にコレステロールが溜まりやすい状態になってしまいます。


高血圧は血管に圧力がかかり、加齢による血管の硬化などがあると血液の通り道が狭くなっている部分も出てきて、より強く血液を流そうとする力が働くと血管壁がもろくなり動脈硬化に至ることがあります。糖尿病は合併症として脂質異常症や高血圧になりやすく、高尿酸値血症も脂質異常症が合併症として多いため調べられます。


動脈硬化は、心電図を調べて心臓に送られる血液が不足して心筋に異常が出ていないか調べたり、唯一直接血管の状態を見ることができる網膜の血管を調べる眼底検査が行われます。CAVI検査は、あお向けに寝た状態で両腕と両足首の血圧と脈波の測定を行い、約5分ほどで結果が得られる検査方法です。他にもCTやMRIを用いた検査でも動脈壁の厚みを調べたりすることができます。


動脈硬化が引き起こされる原因は、悪玉コレステロールが増えて全身の細部にコレステロールが運ばれて行くようになり、善玉コレステロールが減少して、余ったコレステロールが肝臓に戻される役割を果たさなくなってしまうと、動脈の内膜にコレステロールや脂肪がつき隆起していきます。


次第に肥厚してくるとほかの重篤な病気を引き起こす懸念があり、内膜にくっついていたものが剥がれたりすると血栓になってしまうことがあったり、血管の一部が膨れて大動脈瘤になることもあります。


高血圧や脂質異常症は遺伝的な要因もありますし、食事の内容が似ていると発症しやすくなることも多いので、家族に危険因子となり得る病気を患っている人がいれば、早めに動脈硬化の検査を受けてみるべきです。


動脈硬化のリスクを下げる方法は?


動脈硬化はさまざまな要因が重なり、進行します。肥満や加齢、脂の多い動物性脂肪の取りすぎ、高血圧やお酒の飲み過ぎなどさまざまな危険因子が存在します。その中でも、とくに悪玉コレステロールが血管に付着する脂質異常症は、動脈硬化を大きく促進させる原因になります。動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞などが起きるリスクが高くなります。


ドロドロした血液は血が流れにくく、高血圧や動脈硬化の原因になるので、血液をさらさらにして動脈硬化の危険性を下げる必要があります。


血液をさらさらにするためには食事に気を付けることが大事です。青魚にはEPA、DHAと呼ばれる成分が多く含まれています。善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を下げてくれる作用があります。特にさんまやさば、いわしなどは血管を丈夫にしてくれるほか、アンチエイジングにも効果が高い食品なので積極的にとることが望ましいとされています。


また大豆には血液をさらさらにしてくれる成分が豊富に含まれているので、納豆やみそ汁などにして毎日の食事に取り入れると良いです。揚げ物や高カロリーの食品などはなるべく避けるようにし、お酒の飲み過ぎもほどほどにすることが大事です。


緑黄色野菜にはビタミンCが多く、血液をさらさらにしてくれるので、毎日必ず取るようにします。ホウレンソウ、トマト、ブロッコリーなどはビタミンCの含有量が特に多いのでぜひ毎日食べたい食品です。


タバコは血管を老化させ動脈硬化を促進する原因になります。タバコを吸うとビタミンCも減ってしまうので、健康のためには禁煙することが一番です。


コンビニ食やファーストフード食は高カロリーの物が多く、肥満の原因になるのでできるだけ避ける必要があります。外食の時も、高カロリーのものはなるべく避けて選びます。日常生活の中で適度な運動は中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれるので、血液さらさら効果が期待できます。特に運動する時間が取れない人は駅の階段を上るように心がけるだけでもかなりの運動になります。