健康について

脂質異常症とは?症状・原因・予防方法は?


脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が基準よりも多くなってしまっていることを言います。「血液がドロドロ」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょうが、その状態がコレステロールや中性脂肪が多くなってしまっている状態のことです。


脂質異常症が起こってしまうのは食事の際に摂取する脂質の量が多くなってしまっていることが原因の多くを占めていて、肉類などの悪玉コレステロールを増やす動物性たんぱく質、コレステロールを増やす卵、魚卵などの摂り過ぎ、中性脂肪を増やす果物やスイーツなど糖分の摂り過ぎなどが原因となっています。他にも家族性高コレステロール血症などの体内で脂質の流れが上手く行かなくなってしまう病気が原因となっていることもあります。


脂質異常症の症状は、初期の段階では血液中のコレステロールや中性脂肪が増えているだけで自覚症状はほとんどなく、健康診断などで血液検査を受けて初めて脂質異常症であったことに気づくことがほとんどです。肥満の人は脂質異常症になっている可能性は高いのですが、痩せ型の人ならば安心というわけではないため油断は禁物です。


脂質異常症が医師の診察が必要になってくる理由は、放置しておくと動脈硬化を引き起こしてしまうためです。血液中で行き場を失った中性脂肪やコレステロールは脂肪として身体中に蓄えられていき肥満を引き起こしてしまいます。また、血管の壁にコレステロールや中性脂肪が沈着していき血管を狭くし、血液の流れを悪くしてしまいます。


何らかの拍子で血管に付着した中性脂肪やコレステロールが血栓となって剥がれて脳や心臓の細い血管に詰まってしまうと、ある日突然脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こしてしまう可能性があります。また、中性脂肪が過剰になると中性脂肪を分解する酵素を分泌する膵臓が、その酵素によって消化してしまうことで大きなダメージを受け、他の臓器にまで影響が及ぶことで最悪の場合には死を招いてしまう可能性もあります。


脂質異常症予防のための食事


脂質異常症を予防するためには、コレステロールを増やさない食生活が基本です。野菜やきのこ、海藻をたっぷり使った食事は、コレステロールを排出することができます。食事によって増えるコレステロールは、全体の5分の1ほどといわれます。体内で生成される方が圧倒的に多いので、コレステロール値を上げる卵の1日1個食べても問題ありません。ただし体内で生成された分も含めてコレステロールを排出しなけばなりません。


コレステロールも適度な量であれば体内で有益に働きます。通常はコレステロールを使って胆汁酸として排出されますが、食物繊維が不足すると代わりにコレステロールを使うために体内に蓄積してしまいます。


よって食物繊維が豊富な野菜やきのこ、海藻が脂質異常症の予防に効果があります。なめこやモロヘイヤ、ワカメなどヌルヌルとした食べ物には水溶性食物繊維が豊富です。胆汁酸は油がないと使用できないので、小さじ1杯の油を毎日摂取できるように調理します。また悪玉コレステロールは活性酸素によって酸化すると、血管を気づけたり動脈硬化を引き起こしたりします。レバーや緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAとビタミンEには抗酸化作用があります。油に溶けやすいので、炒め物などが適しています。


野菜ジュースを飲む人は、オリーブオイルやココナッツオイルなど好きな油を1滴垂らすだけでも良いです。ビタミンCも抗酸化作用がありますが、水溶性ビタミンなので一度にたくさん摂取しても尿と一緒に排出されます。摂取して3時間で排出されるのでこまめに摂取するのが理想です。野菜ではパプリカとブロッコリー、果物ではいちごやキウイに多いです。青魚は悪玉コレステロールを減らすDHAやEPAが豊富です。


サラダ油に含まれるリノール酸は脂質異常症の原因でもあるため、脂がたくさん乗った魚で良質な油を摂取します。刺身や煮魚、焼き魚などがおすすめで、揚げ物やリノール酸も摂取してしまうので食べ過ぎに注意します。