健康について

30代でも更年期障害のような症状が出るケースもある?


更年期障害というと、閉経を目の前にした40代半ばの女性が発症するというのが一般的ですが、場合によってはまだ若い30代女性でも更年期障害に似た状態になってしまうことがあります。


では、どのような症状が出るのかというと、主な症状を並べていけば、ホットフラッシュ、イライラ、食欲不振、便秘、頭痛などです。


その原因は、ストレスなどの原因で女性ホルモンのバランスが崩れることなどであり、通常の更年期障害とは違い女性ホルモンが不足しているというわけではありません。原因を取り除きさえすれば、再び健康な体になることが出来るのです。


さらに詳しく見ていけば、若年性更年期を引き起こすケースとして、2つのタイプに分類することが出来ます。ひとつは前述のようにストレスなどで女子ホルモンのバランスが崩れることで、自律神経のバランスも崩れてしまう自律神経失調症です。


最近は、女性の社会進出が進み、肉体的にも精神的にもハードな仕事をこなしています。そうなれば、過度なストレスにさらされる毎日となり、さらに激務で食事や睡眠も充分にとれなくなるので自律神経のバランスを維持する事ができないのです。


もうひとつはPMS(月経前症候群)で、生理の前になるとヒステリックになったり、激痛で苦しんだりといったように、普段とは全く違う状態になってしまうことです。なぜPMSが起こるのかということについては、医学的にはっきりとしたことがわかっていません。しかし、起こる時期を考えると女性ホルモンが強く関係していることは間違いありません。

これらの若年性更年期障害が起きた時、どのような治療をするのかというと、効果的なのは女性ホルモンが配合された薬を飲むことです。女性ホルモンが補われれば、ホルモンバランスも整えられ、症状は収まります。ただし、根本的な原因を取り除くわけではありませんから、再発の可能性は高いです。


もし、根本的な原因を取り除きたいのであれば、働き方を見なおしてストレスを極力減らすことや、栄養バランスの整った食事や十分な睡眠を心がける事が必要です。


更年期によい食品があるの?


40代後半から様々な不調が現れることがあります。このような不調を更年期障害と呼びます。更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することにより起こります。エストロゲンが急激に減少すると体がその変化に追いついていかず、自律神経を乱れさせ様々な不快症状を引き起こします。


この不快な症状はエストロゲンの減少に体が慣れてくると落ち着いていますが個人差があり、数年症状が出ていることもあります。婦人科や内科を受診し、更年期に良い漢方薬を処方してもらうなどの治療を行うのも良いですが、食べ物によっても更年期障害を和らげることができます。


更年期障害に良い食べ物を選ぶ場合は自律神経やホルモンのバランスを整える作用のあるものを選ぶことが大切です。自律神経を整える栄養素にはビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンCがあります。ビタミンB1は豚肉やレバーに、ビタミンB12はカキやアサリにビタミンCはいちごやほうれん草、ブロッコリーに多く含まれています。


ホルモンのバランスを整える栄養素にはビタミンEや亜鉛、大豆イソフラボンがあります。この3つの栄養素はホルモンの分泌を調整する働きがあり正しい状態へと導いてくれます。ビタミンEはアボカドやナッツ類、カボチャに多く含まれています。血液の流れを良くする働きがあり、冷えを改善することができます。


大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ、エストロゲンと似た働きをします。めまいやホットフラッシュに効果があります。含まれている食材には味噌や豆腐、納豆などがあります。


更年期障害を和らげるには和食を中心とした食生活をすると良いでしょう。偏った食事をしていると栄養も偏ってしまい冷えが悪化し、さらに自律神経が乱れてしまうこともあります。そのような事を防ぐためにも3食バランスよく食べるようにします。


なお食材のいろどりや器を工夫するとストレスがたまらず楽しく食事をすることができます。