健康について

γ(ガンマ)-GTPの数値を下げるには?


健康診断が近づいてくると気になってくるγ-GTPの数値は、規定値より高いと肝機能に障害が起こっていると考えられ、再検査を受けることになります。そのため、γ-GTPを上げないように工夫する必要があり、多くの人はお酒を控えるようになります。


そもそものγ-GTPとは、肝臓で生成され胆汁の中に排出されるたんぱく質分解酵素のひとつで、上手く機能しないと血液中に流出する特徴をもっています。


そのため、健康診断では肝機能への指針として考えられ、血液検査によって高い数値を出すと肝臓に何らかの異常があると考えるようになっています。γ-GTPはタンパク質を分解するため、体には必要不可欠なものですが、数値が高くなるにつれ肝臓や膵臓などの臓器まで分解して破壊してしまいます。


流れは非常におだやかで自覚症状も出ないことから、早期発見のために血液検査が重要となってくるのです。数値の上昇はアルコールの摂取量に比例して上昇しやすいため、一時的に数値を下げたいという場合は、お酒の摂取量を控えれば問題ありません。


ただし、長期的にγ-GTPの数値を下げようと考えた場合は、休肝日などを設けた程度では不十分で、日頃からお酒の摂取量を減らして適度な飲酒を心がける必要があります。また、お酒を飲まない人でも数値が上昇するケースがありますが、この場合は抗生剤や鎮痛剤、抗がん剤といった薬剤を投与している人に多く見られます。ほとんどの医薬品は肝臓で代謝を行うので、負担がかかりやすく数値が上昇しやすい傾向にあります。


また、サプリメントなどの健康食品でも影響を受けることがあるため、何らかの治療中で服用はやめられないという人は仕方がありませんが、無理に服用する必要のない医薬品やサプリメントを使用している人は、服用を中止するとγ-GTPを下げることができるかもしれません。また、他の病気によって影響を受けている可能性もあるので、数値が異常に高い場合は素直に再検査を受けるなどして病状を確認することが必要になります。