高血圧について

血圧が高い場合の食事の改善方法について


血圧を高くしてしまう原因として塩分の取り過ぎというものがあります。塩分というのは味噌や醤油、ソースなどの調味料に多く含まれていて、料理の味付けに塩を使うというのも当たり前のように行われています。


また塩だけでなく動物性の脂肪分も摂りすぎると血中の悪玉コレステロールを増やしてしまう原因になり、結果として血液がドロドロになって流れにくくなってしまったり、動脈硬化の原因になってしまったりして血圧を上昇させてしまうことに繋がります。


その他にも肥満やストレス、喫煙などが血液の状態を悪くする要因としてあげることができ、心臓に負担をかける高血圧になってしまう可能性が高くなってしまいます。こうした悪影響を与える状態を改善するためには適度な運動なども大切ですが、生活に非常に密接している食生活を改める必要があります。


食事はどんな人でも毎日行います。栄養をとらなければ人は活動することができないので当たり前ですが、この食べるものを気をつけなければ血圧だけでなくいろいろな病気の原因にもなってしまいますから、食生活は非常に大切で、食事のバランスが健康に暮らすための大原則だともいえるわけです。


まず重要なのが塩分を控えるということです。塩分は先にも書きましたが調味料に非常に多く含まれています。それと同時に食パンやうどん、梅干しなど食材自体にも含まれていますので、塩分の計算をする時には忘れないようにしましょう。


また塩分は、加工食品などではナトリウムと表示されています。ナトリウムはナトリウムの含まれているgに2.54をかけると含まれている塩分量を計算することができます。このように食生活の中での塩分の量を調整して、食事の時は野菜から食べるなど順番を気にしていけば血圧を下げることにつながります。


血圧を下げる基本はまず塩分を摂りすぎないこと、朝昼晩ときちんと決まった時間に3食食べ、食事の量も束すぎないようにすることです。