高血圧について

早朝高血圧とは?どんなタイプの高血圧のこと?


早朝高血圧という言葉をご存知ですか。これはその言葉通りに、早朝に血圧が上昇することを指しています。血圧は、一日中常に一定の数値であるわけではなく、その時の身体の状態や心の動きなどで低くなったり高くなったりするものですし、通常は夜は低くて、朝から午前中にかけてゆっくり上昇し、昼間は高くて夕方から夜にかけては低くなっていきます。


しかし、なかには朝の血圧の上昇が急激すぎる人や、夜も血圧が下がらずにそのまま高い状態の人もいます。このように、朝の血圧が高いことを早朝高血圧と言いますが、じつは非常に危険性が高いと言われているのです。それは、様々な合併症を引き起こす恐れがあるからです。本来、人間は夜になると、交感神経の働きが弱くなるので血圧が低くなります。そして早朝になると、交感神経が活発になるので、血圧を上げて身体を目覚めさせます。しかし、早朝高血圧の人は、血圧が急激に上昇しすぎるので、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす恐れがあるのです。


朝になって交感神経が活発になると、血管の収縮によって血液が流れにくくなったり血液が固まりやすくなったりします。そもそも心筋梗塞や脳卒中は、血液が流れにくかったり血液が固まることで発生する合併症ですが、早朝高血圧は、心筋梗塞や脳卒中などのような命にかかわる危険な合併症を引き起こす確率が、他の時間帯と比較して約3倍にもなります。それほど危険性が高いというわけです。


しかし、健康診断や病院での血圧測定は、通常は昼間行われることが多いです。そのため、早朝高血圧はなかなか病院での検査では発見されにくいという特徴があります。そのため、隠れていて発見されにくい「仮面高血圧」のひとつとも言われています。それを予防するためには、普段から、家庭用血圧計で早朝に血圧を測る習慣を持つことです。


起床後1時間以内に、排尿後の朝食前に測定するのがポイントです。ある調査では、薬で高血圧の治療を行っている人の60%程が、早朝高血圧であることがわかっています。普段から自分の血圧を良く知ることが重要です。