高血圧について

高血圧を改善するための食生活・運動について


高血圧を改善するためには、生活習慣を見直す必要があります。生活習慣を見直せば血圧を下げることは可能ですし、薬に頼らなくても血圧をコントロールすることは決して不可能ではありません。


まずなぜ高血圧になってしまったのかを理解することが大切です。高血圧になる原因として考えられるのが、遺伝と生活習慣です。


遺伝は仕方がないと思う方もいるかもしれませんが、遺伝しやすいというのは高血圧になりやすい生活習慣を家族全員がしているとも考えられます。例えば家庭の味とよくいいますが、代々塩分の多い濃い味付けをしているということも考えられるわけです。ですから家族や親類に高血圧の人が多いという人は、食事の内容などをまず見直してみましょう。


塩分の多い食事や脂肪分の多い食事など栄養バランスがよくなかったりしていると、血液の状態が悪くなってしまい動脈硬化などを起こしてしまう可能性があります。動脈硬化が起これば血流はますます悪くなってしまいますから、心臓にも余計に負担がかかり血圧を上昇させてしまいます。それ以上に脳梗塞や心筋梗塞といった血管がつまってしまう病気のリスクを高めてしまう結果にもなりかねません。


また食生活だけでなく、運動不足もよくありません。


運動をしないと身体中の筋肉が低下してしまいます。筋肉が低下してしまうと太りやすくなりますし、血糖値が高くなり糖尿病などの原因にもなります。そうならないためにも適度な運動は非常に大切です。


有酸素運動を定期的に行なうと、心臓や肺の機能を上昇させることができます。筋肉もつきますので血液の循環をよくすることにつながります。血液の循環がよくなれば高血圧の改善にもつながりますし、糖尿病などその他の病気の予防にもなります。


高血圧はいろいろな蒸気の原因になってしまうので、塩分の少ないバランスの良い食事、そして適度な運動を定期的に行ない改善していきましょう。短期的に考えるのではなく、長期的に一生続けるつもりで行うことが大切です。