高血圧について

高血圧対策のための減塩のやり方について


高血圧が引き起こされる原因は様々です。しかし最も大きな原因とされているのは、塩分の過剰摂取です。塩分を過剰に摂取すると、喉が渇きやすくなります。するとそれを癒すために、水分を大量に摂取するようになります。水分を多く飲むと血液量も増加し、結果として血管にかかる負担が高くなりやすくなり、高血圧になりやすくなると言うのがそのメカニズムです。


また血液中の水分と塩分のバランスが崩れると、腎臓に対する負担も大きくなると言われています。そしてその結果として腎臓の機能に支障が生じると、それが原因で血圧を調節する物質にも影響が出てきやすくなり、高血圧が出やすくなるとも言われています。


ですから高血圧対策を意識するのであれば、まずは減塩に取り組むことがいちばんです。高血圧対策のためには、1日の塩分摂取量は6gまでに抑えることが望ましいとされています。これはティースプーン1杯程度の量です。


しかし日本人は、男女ともに1日10gを超える塩分を摂取していることが明らかになっています。これは世界の先進国の中でも、群を抜いて高い数値です。そのひとつの要因としては、カロリーと言う面で見ればヘルシーな和食も、実は味噌や醤油、漬物、焼き魚と言った調味料や料理は、塩分が高いことが挙げられます。ですから、無理なく減塩をするためには、まずは減塩タイプの調味料を使用することがおすすめです。


健康意識の高まりで、現在では味、風味も従来品とほとんど変わりのない減塩タイプのものが出ていますから、これを利用すると良いです。その他、塩や醤油ではなく、出汁で味付けをする、柑橘類や酢で風味を効かせるのも工夫のひとつです。また忙しい生活の中で、インスタント食品を利用していると言う人は多いかもしれませんが、要注意です。


インスタント食品の中には、それひとつを食べただけで、6gの塩分摂取量を満たしてしまうようなものもあります。それくらい、インスタント食品全般は大量の塩分が使用されています。ですから、インスタント食品はできるだけ食べないようにすると言うのも、気軽に始めることができる減塩方法です。